*
【マイクラPS4】第2話 ついに始まった! モテモテマイクラ生活

第2話 ついに始まった! モテモテマイクラ生活

――日が落ちてきた。

いつもなら動画サイトでゲームの生配信をするところだが、ここではそんなことはできそうにないな……

俺の実況ファン5000人(過去最高再生数27回)の為にも早くこんなところから抜け出して帰ってみせるぜ。

しかし、それにしても……

周りに明かりがない夜というのはこんなにも暗いものなのか。

漆黒の闇に照らされし我が右膝の傷跡がうずくな……

ん? この傷跡は何か、だって?

教えてやろう……

我が近傍の獰猛たる魔獣と交戦し折に膝に牙を受けてしまってな……
(訳:近所の家の犬「小太郎くん」にちょっかい出したら膝を噛まれた)

あの地での戦いのことを俺は生涯忘れることはないだろうな。
(訳:あれから怖くてあの道を通ることはできない、マジトラウマ)

だがそれも過去のこと……今の俺は異世界にいる……

どんな強敵が現れようと打ち倒せる力が満ちあふれてるのがわかる……!

無理無理無理無理無理

はーー!? ゾンビとか聞いてないし、勝てるわけないし。

俺が倒せるのはせいぜい獰猛たる魔獣の小太郎くん程度だし、負けたけど。

とりあえずここから逃げよう、逃げるが勝ち、三十六計逃げるにしかずだ。

暗闇の中を適当に逃げ回っているせいで今自分がどこにいるのかわからない。

なんかどっかから矢がピュンピュン飛んできてすごい刺さってる。

木を素手で殴り壊せるのに矢は痛いのかよ、やーね。

ん? もう1回言うぞ?

矢は痛いのかよ、やーね。

なんで笑わないんだよ、ブッダかよ、悟り開いてるんかよ。

第一村人発見、やったぜ。

え、敵じゃないかって?

いやいや、こいつは話のわかりそうなヤツだと俺は思うね。

まず立って歩行している点だ。

世の中の生き物を見てみればわかるが、サル・クマ・イヌなど後ろ足で立って多少あるくことができるものは大抵賢い。

そこに気づいてしまうとは俺は実に賢いな、賢者マサツグだな。

次に緑色な点だ。

ゾンビ以外の緑色の生き物ってのは大抵仲間なもんだ。

ドラゴンボールのピッコロしかり。

スーパーマリオのヨッシーとルイージしかり。

これでこの緑色のやつが仲間である可能性がグっと高まったな。

ただ、若干の不安要素があるのは否めない。

ここの世界に来てからというもの、俺の予想は外れ通しだ。

俺はイケメンではなかったし、異能の持ち主でもなかった。

モテモテでもなければ、ここは埼玉でもなかった。

こいつが仲間でない可能性もある……

だが――

俺は! 賭ける! こいつが仲間であると!

はいクソー、はいんだー。

近づいたら点滅してシューって言って爆発したわ。

大体よく見たら知性のかけらもない顔してるよな、こいつ。

そもそも二足歩行じゃなくて四足歩行だったし。

気づいてればなー、最初から四足歩行だって気づいてたら近づかなかったんだけどなー。

それにさ、緑色のやつって信用できなくね?

ピッコロだってもともと敵だったわけだし、クッパだって緑だし、ルイージも緑じゃん。

まあ、いいよ。

こいつがクリーパーって名前の敵だってことはわかったからな。

しかし、俺が最後に気づいたことがある。

実際のゲーム画面では名前のところにPSNのサインインIDが表示されます。

この世界での俺の名前ランドルフって言うのかよ。

言えよ、最初に。

マサツグ様のままでいいと思う方はクリック!


Minecraftランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をSNSで受け取る

トップへ戻る